fbpx

記事一覧

お知らせ

生命保険金

相続財産でよく問題になるのが生命保険金についてです。
今回はその生命保険金を考えていきましょう。

生命保険金は、被保険者の死亡によって受取人に支払われるものです。

保険金の受取人が被保険者本人(亡くなられた方の場合(貯蓄型の生命保険)には、
その相続人が受取人としての地位を承継するので、相続財産の対象となります。

これに対して、受取人が妻や子など相続人中の特定の者の場合には、その者が保険契約
に基づいて取得するものでり、相続によるものではないので、相続財産にはなりません

また、受取人を「相続人」としている場合も、保険契約に基づく相続人固有の財産とさ
れます。(最判昭40[1965]・2・2民集19巻1号1頁)

生命保険金の受取人が相続人中の特定の者や相続人とされている場合、相続財産の対象
にはならないので、受取人は相続放棄をしても保険金を受け取ることができます。

ただし、その額や受給権者である相続人の事情などを考慮して、公平性を保つために、
「特別受益」として扱うことがあります。  2021/5/1

PAGE TOP