小規模事業者持続化補助金〈コロナ特別対応型〉について

新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために、
具体的な対策(サプライチェーンの毀損への対応非対面型ビジネスモデル
への転換、テレワーク 環境の整備)に取り組む小規模事業者等が経営計画を
作成し、その計画に沿って地道な販路開拓等に取り組む費用の2/3または
3/4を 補助します。

補助上限額:100万円

さらに、業種ごとのガイドラインに基づいた感染拡大防止の取組(事業再開枠
を行う場合は、定額補助・上限50万円を上乗せいたします。

加えて、クラスター対 策が特に必要と考えられる業種(以下、「特例事業者
という)については、さらに 上限を50万円上乗せが可能です。
(コロナ特別対応型か事業再開枠か、自由に配分 可能です)

また、通年で受付を行い、複数回の受付締切を設けます。

なお、令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<一般型>とは、制度等
に一部異なる点がございますので、ご注意ください。

なお、第3回の申請から商工会議所が発行する様式3は任意となりました。

なお、応募およびその後の申請手続きにおいては、従来の郵送方式のほか、
政府 が開発した統一的な補助金申請システム(名称:Jグランツ)による電子
申請の利 用が可能となります。

「以上、令和2年度補正予算 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>
【公募要領】からの抜粋」